株式会社ヤマサキ

yamasaki01

西風新都セントラルシティ産業用地で成長を続ける地元化粧品メーカー、ヤマサキ

企業名
株式会社ヤマサキ
業 種
製造業(化粧品等)
進出年
2007年

企業の流通拠点など、機能を重視した建物が集積する西風新都セントラルシティ産業用地にあって、リゾートホテルのような瀟洒な外観が異彩を放つ「株式会社ヤマサキ西風新都工場」。この施設こそ、広島発の化粧品メーカーとして全国を席巻しているヤマサキの商品製造物流部門を支える“IT物流機能を備えた研究開発型工場”なのです。目下、工場見学の申し込みがあとを絶たないほど評判の西風新都工場について、拠点のリーダーである中本敬 製造物流部 統括工場長にお話を聞いてみました。

広島発の化粧品メーカー・ヤマサキさんの業務内容について教えてください。

中本工場長 1970年に個人創業して以来、海藻シャンプーや入浴剤の製造販売元として活動してきました。転機となったのは1998年4月に発売した「ラサーナ 海藻 ヘアエッセンス」です。インターネットや通販を通じて口コミで話題が広がり、全国展開への原動力となりました。現在はインターネット、通販のほか国内に約10,000ヶ所の販売拠点を設け、全国規模のサンプリング(試供品直接配布)を販売戦略の骨格に据え、ブランドの認知を推進しています。ラサーナシリーズは、「アウトバストリートメント」(※洗髪後タオルドライした髪や乾いた髪に塗布し、塗布後に洗い流さないタイプのもの)としては、6年連続全国メーカー・ブランドシェア売上ナンバーワン(2008年~2013年:富士経済調べ)を達成しています。2013年度はスキンケア部門の好調などで売上高47億円と、これまでの最高売上高を更新できましたので、更なる上伸に向けて新商品の開発や販路開拓に注力しているところです。

 まずは西風新都セントラルシティへの進出を決められた理由をお聞かせ下さい。

nakamoto

中本工場長 進出を決めた頃は、「ラサーナ海藻ヘアエッセンス」のヒットにより業績が大幅に向上して製造拠点の五日市工場(佐伯区石内)が手狭になってしまい、生産能力の増強を図ることが急務でした。引き続き、新商品を積極的に開発していくため、研究開発部門をさらに充実させる十分な作業スペースを確保し、生産効率のアップを図ることが可能な新工場の建設地を探していた私たちのニーズにぴったりあてはまったのが西風新都セントラルシティです。繁忙期には従業員が作業を兼務する五日市工場ともほど近い場所であり、高速4号線を利用すれば本社(広島市中区舟入)を含めて主要3拠点が車で20~30分圏内で連携できることが大きな魅力でした。工場の建設にあたり、私も地鎮祭に出席したのですが、当時のこのエリアは周囲にまだ何もない状況で、道路にもほとんど車が走っていませんでした。2007年の稼働から7年を経て、ポツンと建っていた私たちの工場の周りにも多くの企業が進出され、人や車の通行量も増えて、ずいぶん賑やかになりましたね。

とてもお洒落な外観のヤマサキ西風新都工場の機能を紹介していただけますか?

中本工場長 西風新都工場は、主力商品の「ラサーナ 海藻 ヘア エッセンス」をはじめ、ヘアケア・スキンケア商品ならびに試供品などを開発する研究開発部門を設置した生産拠点です。生産能力は100億円規模で、6台の専用機械を備えた試供品生産設備については国内トップクラスの評価をいただいています。私たちの工場のように受注から原料・資材の調達、製造、出荷までを一括管理できる施設は、全国でもまず見当たらないでしょうね。
自動倉庫の物流機能や最新鋭の研究開発室など、工場内には自慢できる設備が沢山ありますが、屋上庭園もそのひとつ。地球環境保全の目的から屋上面積約800平方メートルのうち、約500平方メートルを緑化しています。庭園は季節の花やハーブで彩られ、樹木も茂っています。緑化によるCO2吸収効果のほか、断熱効果で直下の階の温度を2度下げる効果もあります。屋上でのんびり散策も楽しめますし、工場らしくない見映えを重視した外観や玄関ロビーの趣向と合わせて広島県では初めての「見学できる化粧品工場」を認知していただく上でも大いに役立っています。

工場見学の申し込みもずいぶん多いようですね。

teien

中本工場長 工場見学を開始したのは2007年12月です。以来、学校関係、企業、主婦を中心とする女性団体、職場訪問やインターンシップと各方面から多くの方にご来場いただき、2013年10月25日には来場者数が20,000人を突破しました。見学では、ラサーナ製品の製造工程をガラス越しにご覧いただくほか、製品の手作り体験や屋上庭園の散策なども含んだ充実したコース内容としています。ありがたいことに口コミで評判が高まり、リピーターの方が増えて現在は年間約4,000人のお客様に来場いただいております。ちなみに見学通路に張りめぐらされたガラス拭きはもちろんのこと、床掃除に至るまで工場の清掃は全て従業員が手掛けています。安心して使用できる製品づくりの現場を包み隠さずご覧いただかなければと、従業員の意識も高まっています。見学に来られた方から「こんな職場で働いてみたい」といった感想を聞けるのが一番励みになりますね。

工場長として今後の目標はありますか?

中本工場長 まずは西風新都工場を安定して稼働させること、これに尽きますね。当社は2013年度に過去最高の売上高47億円を達成できましたので、次は50億円、そして10年以内には100億円突破を目指す中・長期戦略を構築しています。現在の顧客数20万人を100万人にするためのコールセンターの新設といった計画も進んでいますが、会社がより大きくなり、さらに工場を増やせるような状況を実現するためにも、西風新都工場が担う役割は重要だと考えます。まだまだ商品開発の余地はありますし、アウトバストリートメント部門の業界シェアトップの維持、スキンケア部門の再構築など、これからの課題も少なくありません。個人的な思いとしても売上高100億円達成に直接関わりたい気持ちが強いので、経営幹部としての自負を忘れず、日々の業務に全力で取り組んで行く所存です。

地域の開発、都市基盤の改善など、これからの西風新都セントラルシティに望むことをお聞かせください。

中本工場長 近隣の企業誘致も完了し、私たちが進出した当時とは周りの景色も変わりましたが、何より進めてほしいのは交通面でのインフラ整備です。現在、工場の近くを巡回する路線バスは一時間に1本程度です。セントラルシティ内の目抜き通りや住宅エリアまでは便数も多いのですが、産業用地エリアまでは数本しか回ってくれません。今のダイヤでは最終便の時間も早いので、とにかく便数を増やして欲しいですね。公共交通の便が少ないことから、必然的に従業員はマイカー通勤となりますが、駐車できる台数も限られますし、近隣の進出企業さんと共用できるような駐車場の整備も検討していただければ。あと、私たちの工場のある区画へ入る道路が一本しかないので時間帯によってはとても混雑します。できれば、これらのアクセス面についても改善して欲しいところです。

■企業概要■ ※基本情報

株式会社ヤマサキ
本 社 〒730-0843 広島市中区舟入本町3-7
tel082-292-7141(代表) fax082-292-7144
設 立 1970年4月1日
資本金 8000万円
代表者 代表取締役社長 山崎宏忠
従業員数 291人

【事 業】
天然素材である海藻エキスをベースにした化粧品の製造及び開発。医薬部外品(スキンケア・入浴剤)の製造及び開発。広島発の化粧品メーカーとして全国展開を推進中。

株式会社ヤマサキ

ホームページ:http://www.corporate.lasana.co.jp/

分譲に関するお問い合せ・資料請求はお気軽にご相談ください。 082-848-3290 受付時間:  00:00 - 00:00 / 定休日:○・○曜日 区画分譲に関するお問い合せはお気軽に担当までご連絡ください。詳しい資料を差し上げます。メールでのお問い合わせはこちら
ページの上部へ