西風新都 セントラルシティ こころ

タウン概要

8万人を目指す広島副都心計画の中核的プロジェクト 「西風新都セントラルシティ」

「西風新都」は広島市中心部より北西約5km~10kmに位置しており、安佐南区と佐伯区を含む約4,570haの丘陵地に、広島市が官民一体で人口8万人の副都心づくりを目指して、〔住み〕〔働き〕〔学び〕〔憩う〕〔護る〕といった機能を有する総合自立都市の整備が進められています。

その中で最大の都市開発事業が「西風新都セントラルシティ」です。この「西風新都セントラルシティ」は西風新都の中核的プロジェクトとして、総開発面積500ha(第Ⅰ~Ⅲ期約340ha、Ⅳ期約160ha)におよぶ丘陵地に広域アクセスに優れた産業ゾーン、商業ゾーン、業務ゾーンおよび住居ゾーン等を有する西日本最大級の緑豊かな高環境都市づくりを進めています。

西風新都内では既にアストラムラインおよび各種幹線道路の整備が行われており、平成13年には当ニュータウンより約3分となる広島自動車道の「広島西風新都IC」が開通しました。さらに西風トンネルで市内と直結する「広島高速4号線」が開通し、広島都心部と車で約15分のアクセスが可能となりました。

現在は「西風新都セントラルシティ」の第Ⅰ~Ⅲ期事業区域約340ha(戸建総計画戸数約3,000戸)の開発事業を推進しており、平成10年度より順次分譲を開始しています。また各ゾーンの企業立地といたしましては、合計約140社の企業が立地を決定し、そのうち約130社が操業中、または建築中であり、大型ビジネス拠点としての様相を呈してきています。平成20年11月には広島都心部と広島西風新都ICを結ぶ「西風新都中央線」が全線開通し、産業及び商業ゾーン等への立地集積が進んでいます。

住居ゾーン「こころ」には約2,000世帯の方が入居されており、団地センターから2km圏内に約1.4万人、6km圏内に約11.5万人超の人口を有しています。また周辺には広島市立大学、広島修道大学、各種専門学校も開校しており、約9,000人の学生が集う街となっています。

※アクセス時間は当団地境界より自動車での概算所要時間(渋滞時を除く)

分譲に関するお問い合せ・資料請求はお気軽にご相談ください。 082-848-3290 受付時間:  00:00 - 00:00 / 定休日:○・○曜日 区画分譲に関するお問い合せはお気軽に担当までご連絡ください。詳しい資料を差し上げます。 メールでのお問い合わせはこちら
ページの上部へ